御菓子司亀屋

 
HOME»  こだわり

御菓子司亀屋の紹介

御菓子司亀屋の紹介

御菓子司亀屋の紹介

 

創業1930年の老舗店でありながら新しさ、そういった表現が似合う和菓子店を目指しております。「杉並公会堂」の隣にある「御菓子司亀屋」です。
縁起の良さそうな亀甲模様に"亀"の文字の看板もさることながら、「栗最中」「カフェオレ大福」といった当店人気の商品を取り揃えております。青梅街道はさまざまな路線バスが通っておりますので、バスの車中からイラスト入りで描かれている「カフェオレ大福」の文字が目をとめたことでしょう。

お店に足を踏み入れると、店内に掲げられた額には「美味求真」の文字が大書されていて、私たちの和菓子づくりにかける想いがこの四文字に込められております。

ショーケースの中には、生菓子や焼き物などの和菓子が常時15種類から20種類並んでおります。中でも四季を通じて栗を使った「栗最中」「栗どら焼」は当店自慢の一品です。

 

カフェオレ大福の紹介

カフェオレ大福の紹介

 

コーヒーの香りただようこしあんとクリームが口の中で絶妙にとろけあう一品。
あんは、北海道産の小豆をじっくり煮て作っております。

 

どら焼きの紹介

どら焼きの紹介

 

ほくほくとした甘露煮栗の食感と丹波大納言の風味が漂うどら焼きです。
どら焼きの皮には和三盆の蜜を用い、どら焼き好きにお勧めしたい一品です。

 

Contents